悪いことしましョ!

職場が新宿で、事務所への往復にビックロとティファニーの代理店が入ったビルの隙間を抜ける。その場所で、最近になって、ちょくちょく気味の悪い情景を見かける。 土地勘の無い人に少しだけ説明すると、くだんの道は、一応車道でもあるんだけど、ほぼ歩道と…

『HiGH & LOW THE MOVIE』をめぐる言説について。

評論家の仕事は総じて楽だ。リスクも少なく立場は常に有利だ。 作家と作品を批評するだけだし、辛口の批評ならばそれは我々にも読者にも愉快なものだ。だが評論家は知るべきだ。“平凡だ”と書く評論よりも、平凡な作品の方が意味深い事を。だが、我々もリスク…

語りえぬものについては、沈黙しなければならない

ぼんやりと思いついたこと。 『クリーピー 偽りの隣人』がワケ解らない! っという感想を見かけた。 確かに、解りやすい作りでは無いように思える。 動機が無い連続殺人鬼がいて、いわゆる“普通”の社会通念とは違った倫理観を持ちながら、それが“違っている”…

映画見ていない自慢のナゾ

私はスター・ウォーズ好きだ。 とはいえ、コスプレ衣装の一つも持っていないし、ファンクラブ的なグループにも入っていない。一応、過去の映像作品(本編6本とアニメ作品など)はほぼ観賞済み。自慢の品は数年前に日本で行われたスターウォーズのイベントで…

「予告上映取り下げについて」のブクマコメが類型的なのでまとめて答える

・「ゾーニング」って言ってる人 日本における映画宣伝のための予告篇は、全てレイティングカテゴリ「G」になる。 http://www.eirin.jp/img/promo.pdf 当然『グリーン・インフェルノ』予告もキチンと映倫を通しているものならば、全年齢が見ても良いと映倫…

立川シネマシティ『グリーン・インフェルノ』予告上映取り下げについて

色々と話題を振りまいておりました『ガールズ&パンツァー劇場版』についていた『グリーンインフェルノ』の予告編ですが20:25の回から『ペルソナ3』の予告編に差し替えております。大変お騒がせ致しました。 — CinemaCity (@cinemacity_jp) 2015, 11月 21 『…

映画上映前のマナーCMについて。

blog.goo.ne.jp TOHOシネマ系列で映画上映前に流れるマナーCMでは効果が疑わしいから、ドラマ仕立てにして、おしゃべりや座席を蹴ると“被害者”が出てくるというアピールをしたらどうか? というエントリー。 結論から言ってしまうと、ドラマも現状のC…

【映画アプリWATCHA】で遊んでみた!

最近は月に1回、アリバイのように見た映画のことを書いているだけなのだが、アバウト10年以上は経っている「ゾンビ、カンフー、ロックンロール」の侍功夫です。 これだけ長いこと映画のことばっかり書いていると「試写見てね」とか、「こんなのどうですか…

『スターウォーズ フォースの覚醒』初日の憶測

・日本公開が12月18日18:30分なワケ これは時差の関係で、アメリカ西海岸(ハリウッド)の12月18日0:00が日本時間で12月18日17:00なので、アメリカ本国を差し置いて先に公開するワケに行くか! というディズニー・アメリカ本社の…

『キングスマン』使用楽曲について

ぼやかしてるけど、『キングスマン』見てから読むとイイと思うよ。 オープニング 『マネー・フォー・ナッシング』ダイア・ストレイツ MTV時代を皮肉った歌詞で、この曲のMVは四角を組み合わせたCGで、当時としては最新技術だった。80年代的軽薄さの象徴。 …

つれづれ2015 ~晩春~

●映画改悪がマジでブーム 『ホーンズ 容疑者と告白の角』『チャッピー』がゴアシーンカットでの日本公開。ここで、改悪された映画の中から、いくつか例を上げる。 リメイク版『キャリー』はもともとR15だったのをPG12に改悪して2013年11月8日に公…

映画ポスター、意味の変遷

前回エントリ「『バードマン』ポスターに見るデザインの意味」(http://samurai-kung-fu.hatenablog.com/entry/2015/03/07/204203)の続き。 かつて。 ネットが今ほど普及していなかった時代の映画ポスターはこんな感じ。 まず、目につくのはウソばっかりな…

『バードマン』ポスターに見るデザインの意味

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』日本版のポスター図版が変更になった。アカデミー賞作品賞含め4部門での受賞を謳ったコピーが、以前のものより控えめに入っている。最初の「カラー版」の時点で主要9部門へのノミネートが記載されて…

ハッピー&ジョイ ~Joe Talk 3~

慣れない言葉への弱さと常套句について。 今の今になってもまだ「映画『セブン』はハッピーエンド」説(http://k-onodera.net/?p=194)について、「映っているものをどう解釈するのかは自由」「意義のある考え方」「こういう意見があっても良い」などなど。…

求めすぎてる? 僕。 ~Joe Talk 2~

ふたたび常套句について。 小学生の頃。友人らとバスに乗って駅前まで遊びに行った時の話。最後部の長椅子の端に普通のオバサンが座っていた。身なりや態度も別にとりたてて特別なワケでなく、最大公約数的な少し太めな「オバサン」。その横に我々がガヤガヤ…

本当は怖い江戸しぐさ

「傘かしげ」「こぶし腰うかせ」など、江戸の街で暮らす人々が互いを思いやるしぐさ「江戸しぐさ」が、道徳の授業に取り入れられるそうだ。しかし、非常に恣意的な取捨により、紹介されていない“しぐさ”も多い。それらも他のしぐさ同様に現在の社会生活へ取…

Joe Talk

世に蔓延る常套句について。 新作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の公開が迫り、ティーザー予告も公開され、制作についての裏話も少しづつメディアに報じられだした。中でも「クリエイティブ・コンサルタント」のジョージ・ルーカスのストーリー案がJ・…

アンハッピーエンド・オブ・ザ・ワールド

小西康晴2014年度映画観賞リストを見て思ったこと。 10歳くらいの頃。古本屋でぶっ倒れたことがある。気分や体調が悪かったワケでは無い。2メートルほどの高さいっぱいまで伸びた、ぎっしりと本の詰まった本棚の壁に挟まれた幅50センチほど、奥行き…

ほなどないせえゆうね/INU

フランスの風刺雑誌シャルリー・エブド社襲撃事件について思ったこと。 目につく意見は以下2つ。 ・シャルリー・エプド襲撃犯は殺人罪の罪を償わなければならない。 >犯人の主義主張と、犯した罪を切り離して考えなければいけない。つまり「イスラム教徒に…

信じ難いバカの話

麻生太郎副総理が「高齢者問題で、高齢者が悪いという人もいるが、子供を産まない方が悪い」という発言をし、問題になった。本人による弁明・謝罪会見に加え、幹事長だかも(わすれた)「麻生くんは「てにをは」をよく間違える」と弁護。確かに本人による謝…

新品派? 使いなじみ派?

野球帽の人気メーカーニューエラ(NEWERA)。今の流行りは、ピンと真っ平らなツバに、サイズ表記のシールを剥がさずつけっぱなしにしておき、汗どめのドゥラグをかぶってその上に深いタイプをデカめなサイズで形を崩さないようにかぶるスタイル。これは黒人…

「さよく」ってだれ?

少し前の話。 保守/右翼/差別主義の方々が、自分たちのバカげた主張に反対する人々を「左翼」とか「ブサヨ」(ブサイク+サヨク)と揶揄するような風潮に対し、友人が「いまどき左翼なんかいねえよ!」と言っていた。 ナルホド。今、自民党の強引なやりくち…

中森明夫氏による『アナと雪の女王』を評したコラムを読んだ。

実は私がもとのブログ(ダイアリーの方)で書いた『ヘルタースケルター』、『桐島、部活やめるってよ』のエントリは中森明夫氏がそれぞれの作品に対して連ツイートした文章への反論として着想している。基本的に誰かに同意するコミュニケーションが苦手だ。…

木梨憲武とアート

私は「フミヤート」が誕生した瞬間を覚えている。その記憶がなぜ強く残っているのかといえば、当時人気だったグラフィックデザイナーのデザインにあまりに酷似…… というか、ほぼ完コピの作品に「フミヤート」の看板が掲げられていたショックからだ。当時、ま…

映画以外のことを書く用

本ブログ「ゾンビ、カンフー、ロックンロール」は映画の感想や「Bootleg」の告知など、映画に関すること専用として、日々の愚痴とか社会のこととか書いてみる用として開設してみました。 続かないだろうけど。